sside建築設計事務所|デザイン住宅・狭小住宅の建築設計
HOME
WORKS
DIARY
MEDIA
PROFILE
CONTACT
FAQ
KOTO 0910

計画地域:東京都世田谷区
Location : Setagaya,Tokyo Prefecture,Japan
主要用途:住宅
Principal use : residence
主要構造:木造
Structure : wooden
敷地面積:89.26u
Site area
延床面積:87.48u
Total floor area
撮影:上條泰山
Photographer:Taizan Kamijyo
sside建築設計事務所
photo001
photo002
photo003
photo004
photo005
photo006
photo007
sside architects
...concept

世田谷区の閑静な住宅街。環状8号線が近くを通るが、騒音はまったく気にならない。近隣は密集はしているものの幸い高い建物は無く、さらに幸運なことに、道路を挟んだ向かいに建つ住宅の平屋部分から日が燦々と降り注ぐ。その方角である南西方向に対し、極めてシンプルなL字プランを基本とした。

1Fをリビングにするにはやはり広さの問題が残った。そこで、玄関、階段室を空間内に取り込み、視覚的広がりを創った。当然階段室のコアは上階と繋がっているため、4枚の大型ガラス引き戸を配することで熱効率及び採光に考慮している。南西方向へ計画した大開口からの光が、ガラス戸を通りリビングの奥まで届く。

また、外壁には黒ガルバリウム鋼板を採用。環状8号線からの排気に考慮するとともに、鋼板系の独特の色合は、時とともにまったく違う表情を見せ、 飽きる事の無い「顔」を創ってくれる。