sside建築設計事務所|デザイン住宅・狭小住宅の建築設計
HOME
WORKS
DIARY
MEDIA
PROFILE
CONTACT
FAQ
Ramo 0710

計画地域:東京都世田谷区
Location : setagaya,Tokyo Prefecture,Japan
主要用途:住宅
Principal use : residence
主要構造:木造
Structure : wooden
敷地面積:99.18u
Site area
延床面積:131.40u
Total floor area
撮影:上條泰山
Photographer:Taizan Kamijyo
sside建築設計事務所
photo001
photo002
photo003
photo004
photo005
photo006
photo007
photo008
photo009
sside architects
...concept
「幾何学的な外観」と「木の素材感が溢れている内観」はこの建物を形成する 2つの大きな要素となっている。

【Geometry】
斜めの柱2本で支えられたすり鉢状のバルコニー。
この形態を決定付ける大きな要因として、「プライバシーの確保」と「防火壁」 という2つの役割がある。これらを満たすために、3方を壁で囲むことになるが、 その際の圧迫感の解消が必要であった。
3方を囲む壁を約10°外部へ傾けることにより、室内からの視線を上部の空へと 促す。そして、傾けることで表面積の大きくなった壁面に、上空から落ちてくる 光を反射させ、室内へと導く。これらの効果が面積以上の視覚的広さを演出し、 圧迫感の解消に繋がっている。
「防火壁」という機能上、壁に開口をとる事が出来なかったが、約10°の傾きに よって、壁を沿うように心地よい風も室内へと流れ込む。

この約10°の傾きは、下部の柱にも投影され併せて約20°の開きを持ち、 それぞれを反転させたすり鉢状の外観を構成するに至る。

3方を囲む白い壁は、昼は上部の開口より日の光を集めLivingへの集光装置 としての役割を担う。又、夜には外部照明によって照らし出された、すり鉢状の バルコニーそれ自身が大きな間接照明となり、行灯のような暖かさで帰宅する 御夫婦、街行く人々を楽しませる。

昼と夜で、内と外を照らし出すという、相反する機能を併せ持つこのバルコニーは、 幾何学的な外観上の特徴となっている。

【Wood-Branch】
建物の中心に位置する大黒柱の代わりとなる「Central branch」は内観において、 表面上のオブジェとも見れるが、構造上重要な役割を果たす。このデザインは階段 手摺、障子と内観の統一したイメージとなっている。
「Central branch」の足元には下階からの明かりによって、光の池となるガラス床が あり、その光を吸い上げるようにそそり立つ姿は力強い建物の構成要素となっている。

幾何学的な白いBOXの中にある「Central branch」を中心とする木の温かみが、 冷たさと暖かさの対比の中でひときわ際立ち、柔らかく生活を包み込んでいく。

「Ramo」とはイタリア語で「枝」を意味する。「枝」を模したデザインは 知人・友人・家族を表し、「繋がり」そして「個」を象徴している。
この建物での生活に関わる様々な構成要素が、いつまでも生活の中心にある 幸せな「枝」であってほしいと願う。

"Geometric appearance" and "Room where a feeling of wood quality is overflowing" Two big elements which form a building.
【Geometry】
A balcony like an earthenware mortar is supported with two slanting pillars. The major factors which determine this form are two roles of "reservation of privacy", and a "fire wall." In order to fulfill these conditions, while three directions will be surrounded with a wall, dissolution of a feeling of oppression is needed. By leaning the wall to the about 10-degree outside, the look from the inside of a room is urged to upside sky. And the surface of a wall which leaned and became large area reflects the light which falls from the sky, and is led to the interior. These effects direct the visual width more than area. It has led to dissolution of the oppression. Furthermore, by the slope, a comfortable wind also flows into the interior. A lower pillar is made to reverse this 10-degree inclination, and and the appearance of an earthenware mortar form is constituted. From an upside opening, the white wall collects sunlights and leads them to living in the daytime. Moreover, the earthenware mortar form which became bright with outer lighting serves as big indirect illumination at night. It delights people with warmth like [andon=japanese peper lamp]. This balcony has an opposite element [ making inside and outside bright ] at daytime and night. It has been the feature on geometric appearance.
【Wood-Branch】
"Central branch" which exists at the center of a building is a mainstay. Although it is visible like sculpture, it achieves an important portion on structure. This design serves as a stairs handrail, a shoji, and an image that the inner view unified. There is a glass floor which serves as a pond of lamp with the light from a lower story at feet of "Central branch." It seems that the way tower sucks up light, and it is a constituent factor of the forcible building. The tree's warmth of "Central branch" in a geometric white box is conspicuous particularly in contrast of coldness and warmth, and the life is wrapped in softly. "Ramo" means a "branch" in Italian. The design which imitated the "branch" expresses "an acquaintance""a friend, and""a family" and symbolizes "relation" and a "piece."
I wish a life in this house becomes forever fortunate for them like this fortunate "branch".